2012年08月19日

ジブリミュージアム 初体験なり

freEEW_14.JPG

↑ ジブリの入場券はいちまいいちまい違うセル画のチケットなんだよ。


関西から東京の職場の赴任してきたという(ストラーダの)マツミヤと
三鷹のジブリ美術館へ。


わたしはそう詳しくもないのですがマツミヤはちょっとしたジブリファン。
ジブリの館がみえてきたらマツミヤは大阪のオバチャン風味の顔をホタホタとさせ
入館するまえから大喜び。 子供かっ?!

実際、建物のなかみも展示の内容、ミニシアターの内容もよかったー。

いたるとこにディテールが細かい。
DSC_0008.JPG


外の手洗い水道はジジの蛇口なり。


DSC_0011.JPG


ガーデンカフェの蚊取り線香のぶたは【紅の豚】のモチーフ






DSC_0009.JPG


↑ なぜかユニクロのモデルのようにたたずむマツミヤ


DSC_0010.JPG


屋外にはいったりでたり、はしごや渡り廊下があっておもしろい導線。



大人はビールものめるよー。
ジブリオリジナルビール有り。


DSC_0012.JPG


freEEW_01.JPG


DSC_0013.JPG


freEEW_04.JPG




マツミヤはサイダー。
マツミヤは酒が飲めない。


freEEW_02.JPG


アニメーションのしくみとか立体ねんど状態のアニメ展示とかおとなでも
たのしめる。 宮崎駿は西洋のおとぎ話からのモチーフや原型となった本の展示も
していた。

展示室もよかったけど建物のなんでもないとこにジブリのモチーフが隠れていて
探すのがたのしい。


freEEW_06.JPG


freEEW_07.JPG


DSC_0014.JPG

DSC_0015.JPG



DSC_0016.JPG


DSC_0017.JPG

屋上には針金の巨人がいたなり。



DSC_0019.JPG


ラビュタの呪文(??)が書いた石もあった。



DSC_0024.JPG


DSC_0025.JPG


DSC_0023.JPG


おもろかったーーーーー。



freEEW_09.JPG


マツミヤはジブリミュージアムオリジナルのグッズをかいまくってた。
かなり満足げ。


DSC_0028.JPG


freEEW_10.JPG


==============

かえりは担々麺の名門どこ蒼龍唐玉堂へ

● 蒼龍唐玉堂 吉祥寺店
 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-4 古城会館ビル1F


freEEW_11.JPG


めちゃ美味しい!!!


freEEW_12.JPG

食べ物にうるさいマツミヤも納得の味なり。


freEEW_13.JPG

充実。

夏休み。おわった。
八ヶ岳縦走して、平塚から富士山までトライして、ジブリで完結。
またジブリ行きたいナ。


明日からきもちを切り替えて働こうーーーーーー。

働けばおかねになるし! 悪いことにはならん。
さー。 いっぱい遊んだ。がんばろー。
あぁ 楽しい夏休みだった。


================
posted by toriko at 21:29| Comment(0) | 音楽岳&文化岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

ヘルタースケルター試写会と蜷川実花の写真展【沢尻エリカの乳はすごかった、、、】

DSC_0062.JPG


DSC_0056.JPG



某所で試写会みてきたなーり。
それと蜷川実花のヘルタースケルターの写真も。


エリカって好きでも嫌いでもないけど、この役にどんぴしゃ。
実際のキャラクターとかぶってみえるもん。


もともと岡崎京子の漫画20年以上まえからすきで全部もってる。
バブルがちょっとはじける前のサブカルチャーな雰囲気のかんじ好きだった。
若いときの痛いトコつくの巧い。


ほら、“間違え”のあるセックスとか。
愛があるのかないのかわかんなくなちゃったり、
そして暴力的な気持ちになっちゃうこととか。

DSC_0059.JPG


ヘルタースケルターの“りりこ”は痛い。

痛いけどどーしょもない。 女の子であったなら(過去現在問わず、誰でも
もつような見栄っ張りな気持ちや弱いとこあるから共感できる。 (と、思う)

2012416_201206080438193001339150302c.jpg

2012416_201206080437594001339150302c.jpg

2012416_201206080437306001339150302c.jpg




しかーし、実によく岡崎ワールドを表しているよ。

内容どうこうより画像がすごく綺麗だった。


DSC_0060.JPG

DSC_0061.JPG




そしてエロかった。


美しき沢尻の乳首ーーーーっ。



東京にはたくさんの りりこがいる。。。

DSC_0057.JPG



あつかったな。今日も。
明日から ヘルタースケルターは公開よ。

DSC_0058.JPG





==========

posted by toriko at 20:21| Comment(0) | 音楽岳&文化岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

自転車ジャージのままで浅草芸者遊びいってきた【平成中村座】

雨が降らなきゃ、三味線の友達と着物きていく予定だったのですが生憎の雨っ。
ロードもぜんぜんのっていないのでゴアかっぱきて自転車ジャージきて
浅草へサイクリング&ポタリング!

浅草芸者のおどりをみにいく。
知り合いの姐さんがでているから。



DSC_0020.JPG

DSC_0017.JPG

DSC_0018.JPG


芝居小屋のなかは自転車ジャージのやつはあたしひとりである意味 目立った。

三味線のツテがあったので最前列。


中村座の芝居小屋は期間限定。(5月まで)
フラッシュは禁止だけど、音がでないデジカメは撮影もオッケーとのこと。
ふとっぱら。ケータイのカメラは上演中はダメ。音がでるから。



姐さんたち年がいってるけどよかったーーー。
あたしの三味線つながりの姐さんもかっこよかった。


kFre_11.JPG

長唄のしってる曲が演奏されると胸がじーんとする。
お稽古した踊りも。 あぁ、踊りたい。

kFre_01.JPG

kFre_03.JPG

kFre_04.JPG


演目もたくさんあって幇間(男芸者、太鼓持ち)なんかもあったよ。
そのなかでノース(エリートライダーの北島篤志)ににているやつがでてきてびっくりした。



これが幇間。
江戸おどりのかっぽれとかやってくれておもしろい。

kFre_07.JPG




ノースににている男芸者はコレだ!!!
パンフレットみてびっくりした。

kFre_02.JPG



ノース そのものじゃん!!

386385_2824813270360_1009190320_n.jpg





もう、ノースがおどっているとしか思えなかった!!! 笑。

kFre_08.JPG

kFre_06.JPG




浅草芸者のきりりとしたかんじ。
胸がすっとする。


kFre_13.JPG

kFre_14.JPG

kFre_15.JPG

kFre_16.JPG

kFre_17.JPG


kFre_18.JPG


kFre_13.JPG




近くにくると姐さんたちのおしろいの良い香り。

華やかだー。



ちょっとだけ今日の動画を。




わたしも三味線のお稽古も、自転車もがんばろー。

明日は小田原、熱海峠責めだぜっ。
走るぜーーーーー。

kFre_19.JPG
posted by toriko at 20:49| Comment(0) | 音楽岳&文化岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

三味線も自転車も辞めません

kiig3_08.JPG



お稽古、さぼりまくっていたので練習したなり。
お稽古うけるとき練習していなのがバレるのがいやなのでさらに行かなくなる
悪循環でした。

日舞もそうなんですけど、和のお稽古事って英会話やチケット制の習い事みたいに
振替がきかなくってお休みしたらそれだけ、その月は割高なお月謝を払ったことになる。
師範制度のものはしょーがない。

古くからのしきたり、きめごと。


長唄と三味線のお稽古をはじめて12年。




途中から自転車をはじめてから三味線にいれこむ熱はかわったけど
だけど好き。

流し撥、カエシ、ハジキの入る『佃の合の手』を暗譜。
んーーー。 とね例えていうならヘヴィメタのギターの早弾きみたいなモンです。

三回、お師匠のまえで間違えると その日は三味線をおいてお稽古
強制終了させられる。 怖っ。
すっごい緊張しちゃうのです。


kiig3_07.JPG



お稽古でテトロン(ナイロン)糸を使うとお咎めがでるので、
自主練習でもきょうは絹糸をつかった。

テトロンと絹糸は、、 そーね、、
XTRとTourney(ターニー)ぐらいの差があります。
お値段も音も。

絹は天然素材だけあって切れやすいけど音がいい。
その日の湿度によって調整がねじめで微妙にきく。

テトロンは絹の1/5のおねだん。 練習のときはこっちつかってる。

kiig3_06.JPG



楽器やってると意識しないで、自然に腹式呼吸になっていて
練習がおわるとストレスぬけているとき多い。
きもちぃぃーーーー。



よしっ。
あしたは速攻で着替えてきものでお稽古いくぞーー。



おざっちからいただいた手ぬぐいが半襟としても使えそう。
有り難う。おざっち。

kiig3_04.JPG


kiig3_05.JPG






こっちの江戸小紋でもいいかなー。

kiig3_02.JPG




ええぇい!

このてぬぐい半襟はどうじゃい。

kiig3_03.JPG



明日がたのしみ。

すきなことできる幸せ。

=======


posted by toriko at 22:09| Comment(4) | 音楽岳&文化岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

『アイガー 北壁』実話遭難のDVDを観る

きのうの時点で(もしかして日曜日も具合わるいかなぁ。。。)
って様子見だったので つたやに行って以前から観たかったDVDを借りる。


でも、ランとバイクからかえってきて映画もみたぜーーー。
具たくさんの日曜日。


D113311658.jpg


おととし公開だったのかなー。たしか。
観にいけなくって。 実話なの。

● http://www.hokuheki.com/

ナチス政権下、ベルリン・オリンピック直前の夏、ヨーロッパ・アルプス最後
の難所であるアイガー北壁に挑む4名の登山家を描いたもの。

結論からいって全員死ぬんだけど
かなり悲惨な死に方。 崖から宙吊りになって意識うしなったり、雪崩にあったり。

この「あと少しで助かりそうだったのに助からなかった」
このシーンは非常に残酷で、クールでカッコ良かったトニーが
凍傷まみれになって、救助隊に必死に懇願した挙げ句、死んでいく。






登山シーンはリアルで迫力ある。

アンディがトニーを巻き添えにしないために「生きて帰れ」と言
って自らザイルを切るシーンは泣く。


冬山はこわいなぁーー って思うけど
トライするひとを責める気にもなれない。


装備やスキル、体力、パーティの実力なんかがそろっていても
だめだなときはだめで自然のどうしょうもない力に対抗できないことも
あるんだろうな。

=========

わたしは冬山それでもやりたい。
登りたいな って強う思う。



来月は、わたしネパール。

カドマンズ。





posted by toriko at 18:54| Comment(0) | 音楽岳&文化岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

隠れヘヴィメタリアン

DSC_0208.JPG



聖飢魔UとラウドネスのCDをわざわざとなりの駅のツタヤで借りる。

借りるとき恥ずかしくて、いきものがたりやカバーアルバムのミックスのやつとか
5枚くらい借りてヘヴィメタ目的で借りる目的を消す。
嗚呼。エロビデオ借りるのにわざわざ名作の映画も一緒に借りる高校生のよふ。

ヘヴィメタ好きですってどうどうと言う事はカミングアウトなり。

大人になりきれていないようで恥ずかしい。
(でもヘヴィメタすきなの。)



尾崎もテープでしか音源もっていなかったけどレンタルしてこれでぜんぶそろった。

DSC_0209.JPG


セブンティーン マ〜〜〜〜ップ♪



なんでこんな年になって(聴かなくなった期間もあるのに)、また尾崎や
ヘヴィメタ聴きたくなるんだろ?  中二病??


中学生、高校生がオヤや社会にむかって反抗してるのは生意気だーーーーー!
ちゃんとじぶんで自分を喰わせてからモノ言えっ。半人前のくせに!
社会にカネ収めてから言えっ。

って思うけど、じぶんが中高生の頃はそれなりに苦しかったな。そういえば。



都合のいいときに

『もう大人なんだから』 って言われたり、
『まだ子供でしょ』 って却下されたした。

自分で稼いでからしろって言われたって今すぐじゃ無理。
本当に早く大人になりたかった。

=======================

大人になったらどうだ?

たしかにすきなことできる。
ぜんぜん中高生のころより楽。気分的に。

だけど生活のため(← 仕事で)、感情殺すし きもちがズタボロになる
こと多し。それで生活してるんだー。おかねのためだーーーー。
って100回以上ココロのなかで叫んだ。


ヘヴィメタとか尾崎って、どうしょうもない気持ちのときのこと
表現してるの多いから共感できる。 
大人になってさらに聴きたくなるのだー。
わたしは。


posted by toriko at 17:24| Comment(4) | 音楽岳&文化岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

仕事疲れに《尾崎豊》が聴きたくなるーーー

4日から仕事で早くも二日目にしてぐったり。なんだ?! このスタミナのなさ。

仕事って、仕事そのものに疲れるより人間関係で疲れがくることが多い。


(んもー。 嫌なことも我慢料。給料のうち!)

って無理矢理流すこともたまにします。




尾崎の歌で、【街の風景】っていう歌のなかで

  『 無意味のような生き方 金のためじゃなく
    愛のため 夢のため そんなものにかけてみるさ 』

っていうのがあるんだけどトイレに休憩いったとき唄ってみる。

いい歌だよ。

● 歌詞は http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND20134/index.html





35160111.png



あと好きなのは、『シェリー』って曲。

(俺はちゃんと笑えているかい? 正しいことをしているかい?)

って、おそらく恋人に問いかけている歌。



いっつも文句いったりダラけて弱っちいことばっかりいってるひとが愚痴を
こぼしても(だせーよっ。うざい!!) って思うんだけど、頑張って、
精一杯やっているひとが不安になって

(これでいいか? これでいいの?)

っているときは思いっきり肯定してあげたい。

うん。うん。アンタは大丈夫。 って。



この曲きくと56が うかぶ。
あいつ迷ってばっかりだけど真っすぐな男一本道を選ぶ。
最後には。




シェリーの歌詞は ● http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=37369








『街の風景』も『シェリー』も聴きたいけどわたしが手持ちにあるのはテープの
媒体。もうラジオでもめったに流れないしテレビでもぜったい流れてこない。
尾崎、すっかり時のヒト。 しんじゃったしね。

lento_20120105182910.jpg



================

タワレコよってかえろうかな。

年明けなのに2012年12月のきぶんー。

DSC_0151.JPG


DSC_0153.JPG
posted by toriko at 19:12| Comment(0) | 音楽岳&文化岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

ヘヴィメタ大人買い

つたやでレンタルで安く済ませようとおもったのにヘヴィメタというジャンルを扱っていない!!!  きぃぃぃーーーーーーー!

しょうがないからアースシェイカーと同様にタワレコで購入。


ヘヴィメタをきいていたのは20年以上も昔。
そのころは媒体はテープとレコード盤だったのよね、、
お家にのこっていたテープは数回の引っ越しでふるいにかけられ無くなった。


あと、ヘヴィメタ聞き飽きたのもあるかなぁ。
コピーバンドもやったし、ギターのコードもベースコードも暗譜して弾ける。

==========

買ったのはラウドネス!
二井原さんがアースシェイカーにもいたからその流れも少し汲んでいる。

DSC_0153.JPG




女バンドの元祖。しかもハードロック一本のボーカリスト寺田恵子の
SHOW-YAもよく聴いた。 これも買う。

DSC_0152.JPG



80年代のロックって今思うと封印したいような恥ずかしいくらい熱いかんじ。
歌詞も見た目も派手な演奏も。

(そんなのしりません。もってませーん) っていつのまにか排除してなくなったもの、
今聴くとなつかしくってじーんとくる。




じぶんの生活してた頃と重なる。


大変な時期だった。


家がたいへんでじぶんで生活費かせいで大学も通った。
オヤの病気も借金もひきうけられないのにひきうけた。
(いま考えると未来をしらないからこそできた。もう嫌だ。できない)
朝はマックで。昼 学校。夜、キャバクラで働いてた。
お腹すいて、お金と食べ物のこと耳鳴りするくらいだった。
ヘヴィメタきいて覇気つけて、唯一聴いているときだけ社会に反抗。
じぶんの力の無さの怒りと悲しみを音楽は癒してくれた。


学校止めます! っていうのは金に負けた事になるから避けたかった。

どんな言い訳しても中退は中退。
金の言い訳するやつは一生おかねのせいにする。

あたしはそうなりたくなかった。



いまでもそのせいか

『お金じゃないよ』  なんてぬるいことば、じぶんで生活したことない奴が
ほざいているの云うとちょっとこころのなかでカッとする。

(簡単に言うな!  金が大事なときがある。
 おまえは財布のなかの小銭を数えてコンビニでパンを買ったことがあるか)

====================

西寺実のDCも買った。

本を代表する3大ハードロックバンド
EARTHSHAKER 西田昌史 ・ SHOW-YA 寺田恵子 ・
 LOUDNESS 二井原実 によるスペシャルユニット
「西寺実(にしでらみのる)」
日本のロックシーンを作り上げ、牽引してきたVocal 3人が結合。


70’s〜80’sの日本のロックの名曲をセレクト。
本物が唄う究極のJ-ROCK CoverAlbum。 


DSC_0151.JPG




たまらん!


寺田恵子のボーカルとアースシェイカーのマーシーのボーカル!
いい年した不良中年。

カバー曲がアンルイスとか甲斐バンドとか80年代ロック。





ああ無情、 カラオケで唄いたい!


だけどカウントの『ワン・ツー・スリー・フォーーーーー』ってかけ声
かけてくれるのいつも同年代のおっさんばっかなの。
posted by toriko at 20:53| Comment(4) | 音楽岳&文化岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

楽器ができるMTBバイカーの色男たち【リョウくんのバイオリン、おざっちのフルート!】

運動もできて、かおも格好よくって、性格も良く、人間以外の犬猫家畜にも好かれ、
楽器も演奏できる人間なんて そうザラにいるわけない! と思いきやけっこう
MTB界にはおるのじゃ!!

若者代表ではリョウくん。

現役医大生。そしてJ登録選手でエリートライダー。

3438046_1445624667_247large.jpg




さ、さわやかすぎます!!  キスマークぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)



生理不順な更年期がちのあたしのカラダも若返りそう。。
嗚呼、回春。回春。



そして、年配代表。おとこのベテランは関西でいちばん良い男 おざっち。
ストラーダの年配エースです。


toriko.jpg


 ↑  比叡山ヒルククライムでゴールしたあたしをやさしくギュッ! としてくれたわっ。

===================


おざっちはMTBだけじゃないよ。
ロードもやるし、カヌーも。 カヌーは国体の選手だった。

そして楽器はフルート!

OZoza_01.JPG








おざっちの演奏は、来年の1月にもあります。
● http://ozatti.exblog.jp/16925566/


なんとか都合をつけてわたしも滋賀にいきたい。
いまお仕事の締め切りと調整中。

======================


リョウくんのバイオリンの演奏はすごいよっ!

葉加瀬太郎よりもすごいっ。

1840118_2.jpg

1839787_2.jpg


演奏はリョウくんのミクシーページを参照のこと。

● http://video.mixi.jp/view_video.pl?owner_id=3438046&video_id=1840118



すごいよね。

なんか楽譜がちゃんと読める男ってセクシィー。そして楽器ができるコは
器用そうだし頭もよさそう。

3438046_1359961961_233large.jpg

3438046_1359961697_78large.jpg


ああああああ。


生まれ変われるならリョウくんのバイオリンの木の部分か、リョウくんのレーパンの
パットの部分になって窒息したい。

プハー。 薔薇のかほり。
リョウくん、うんちしないし。



おざっちも、リョウくんも自転車で怪我などせず
スポーツも音楽も楽しんでほしいです。






わたしもあしたは三味線のお稽古。

サオを握ってがんばります。


お稽古します。

DSC_0132.JPG


===========

posted by toriko at 21:15| Comment(2) | 音楽岳&文化岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

ヘヴィメタバンド・アースシェイカーライブに行ったなり

h95r_02.JPG

DSC_0141.JPG


厚木のくんだりまで1時間以上かけてライブハウスに行く。

音楽は生で聴かなくっちゃ♪


アースシェイカーはほんとむかしのまんまのステージでセットみただけで涙でそ。
セイビアンのシンバルにベードラはパールを使用。もちろん2バス。
おおおおお。これそこ老舗のバンドのセットよっ。

ボーカルのマーシーほかメンバーも結成して28年の活動。
かおにほうれい線がくっきり刻まれている。
胃がでていたり二の腕が太くなっちゃっているのも年月をかんじる。

しかし歌声はそのまま甲高い!

オールスタンドだけどお客は中高年ばっかり。
最前列はノースリーブのおばはん軍団が陣取っていた。
(しかもそのおばはんのむきだしの腕もぶっとい、、)



『モア』や『ラジオマジック』、『TOKYO』のむかしのナンバーがでてくると
みんなで合唱。 なきそー。
(歌の内容は若く反逆的内容だか、皆ここにいるひとたちは老人)

DSC_0139.JPG
posted by toriko at 23:14| Comment(4) | 音楽岳&文化岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

自転車映画「僕たちのバイシクル・ロード 〜7大陸900日 〜」を観てきた

y3R_01.JPG


自転車で世界一周をしてきた実話のフィルムをみてきた。

もうさ、自転車に乗っているじぶんたちが撮影したもんだから、
荒れた道路では上下にカメラがボコボコ揺れるし、いいことばっかりじゃないの。
怪我や病気、メカトラなんかもおこす。

================

2005年4月6日、大学を卒業したばかりの従兄弟ジェイミー・マッケンジー(当時27歳)
とベン・ウィルソン(当時25歳)は、イギリスのブルックファームを旅立ち、英仏海峡
フェリーに乗ってフランスに向かった。
それは、飛行機に乗らずに自転車だけで7大陸を走破するという3年に及ぶ壮大な旅の
はじまりだった。彼らは長距離旅行をした経験もなければ、ガイドブックも、さしたる
大金も持っていなかった。だが、彼らは世界中を心ゆくまで見てみたいという好奇心と、
何かを成し遂げたいと湧き上がる冒険心、そして今しかできないという焦燥感に突き動
かされ、大きな夢を実現させようとしていた…。

==================

ジェイミーが言うんだけど

『旅をするのに自転車は最高だ。 早すぎもしないし遅すぎもしない』


ほんとそう。




まっとうなサラリーマンになるのをわざわざ棒にふった勇気。


それは、条件がそろってからでなくって(お金とか時間とかまわりのひとの
了解)、不完全なままだけど強い意思とじぶんで負うリスクをじぶんで背負う
覚悟をもてばやりたいことは達成できると。


荒い映像なんだけどそれがまた良くって。

わたしも自転車で旅したときとおなじ風景。目線。
自転車の目線の高さと風景とスピードが同じ。




晴れて写真に撮りたいような日ばかりでない。
雨、台風、車の多い通りで車あおられにハンドルと肘をこすられながら
ヒヤヒヤしながら走る日々。





南極でペンギンたちにかこまれながら雪の上でペダル踏む。
こっちまでカオが笑ける。



ポストカードを買った。


ペンギンたちはひとも自転車も恐れず、好奇心いっぱいにペトペト歩きながら
近寄って走る。

DSC_0126.JPG



わたしもさ。

来年、三月にカトマンズ(ネパール)自転車でひとりたび。

チョモランマをみてくるよ。
ふもとまでいってくる。



恵比寿、ツリーが綺麗だった。

いい映画みた。



y3R_02.JPG


============
posted by toriko at 20:27| Comment(0) | 音楽岳&文化岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

童謡のおばはん由紀さおりのJazz力に驚く【由紀さおり&ピンク・マルティーニ『1969』】

タワレコで試聴していっぱつで気に入ったー。

40年前の古い曲ばかりなのに新しく聞こえる。

de62_02.JPG


de62_01.JPG


由紀さおりってさ、夜明けのスキャットで ♪ ル・ル・ル〜 って唄ってるくらいしか
知らなくって、あと志村けんのバカ殿シリーズで腰元ででてくるくらいの活躍しか
恥ずかしながら知らず。

でもさー。

大人のジャズや歌謡曲もしっとり大人のおんなー ってかんじで唄う。
かっこいー! 由紀さおり。

もう、いまの歌手の曲なんて(とくにエーベックス系)聴けないわ。わるいが。


================


■由紀さおり&ピンク・マルティーニ『1969』
2011年10月12日 日本発売、TOCT-27098 \3,000(tax in) 全12曲


【収録曲】(  )内:オリジナル歌唱アーティスト
1. ブルー・ライト・ヨコハマ(いしだあゆみ)
2. 真夜中のボサ・ノバ (ヒデとロザンナ)
3. さらば夏の日 [Du soleil plein les yeux](フランシス・レイ)
4. パフ [Puff, The Magin Dragon](ピーター・ポール&マリー)
5. いいじゃないの幸せならば(佐良直美)
6. 夕月(黛ジュン)
7. 夜明けのスキャット(由紀さおり)
8. マシュケナダ [Mas Que Nada](日本語版:アストラッド・ジルベルト)
9. イズ・ザット・オール・ゼア・イズ? [Is That All There Is?](ペギー・リー)
10. 私もあなたと泣いていい? (兼田みえ子)
11. わすれたいのに / 原曲[I Love How You Love Me](モコ・ビーバー・オリーブ)
12. 季節の足音 [bonus track]



ブルーライトヨコハマ なっつかしーー。








こんなに大人のしまった曲なのにドリフのときは笑えたなぁー。
いまのおやじ、おばはんしか知らない。あたしが小学生、中学生んときよくみた。

ドリフ大爆笑』時代(特に1980年代前半)は、よく由紀さおりが腰元として出演していた。
由紀は城に長年仕える腰元という設定で、バカ殿が周囲の若い腰元に「年はいくつじゃ?」
と聞き、その若さに満足した後、どう見ても年増の由紀に(嫌々ながら)年齢を聞くと
「15歳でございます」など驚天動地と言えるほどの強烈なサバ読みで
返された途端尺八の音がし、バカ殿がキレる(動作は後述のパターンと同じ)という
パターンが定番であった。







=======================

由紀さおり&ピンク・マルティーニ『1969』の公式のページもあった。
大昔の歌謡曲がきけるー。

● http://www.emimusic.jp/pmsy1969/index.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
posted by toriko at 21:52| Comment(0) | 音楽岳&文化岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

ヘヴィメタと高尾の花名探しと…

朝から自転車乗る予定にしていたのにすっかり寝坊。
(5時半でも、すでに出発してなきゃいけない時間なので自転車乗るモチベーション
 さがる。。)


ジムいってスイム。
ばしゃばしゃ泳ぐ。 ゴーグル忘れて目が痛い。


DSC_0073.JPG



お天気いいのに、もったいない。
そのままロッカーに荷物預けてランの用意して高尾へ。

元気がでてきたのはお天気のせいと
きのうタワレコで買ったCDのせい。

lento_20111123214112.jpg


高校のときの友達と大学までコピーパンドやってたとき、何曲かヘビメタもいれた。
(どーゆー趣旨だったんだろ?! 思い出せない。 あたしはギター、フライングVで
 がんばった。)  メンバーもしょっちゅう変わったからベースも助っ人でやるように
なったらベースもひきうけてチョッパーも練習したなぁ、、、

アースシェイカーの曲、ひさびさに聞きたくても、もうデロデロに伸びたテープしか
なくってデッキもなくなっちゃったし。CD聞くにもレンタル屋ではレアなヘヴィメタル
なんか扱ってるとこ少ないし、ましてアースシェイカーなんてありませんでした。

タワレコで買ったら、来月からライブもあるのわかった。
行かなきゃー。

なつかしー。

lento_20111123214132.jpg



そんでもって泳いでいたらテンションあがってきたのです。
泳いでいてもイコライザーのエフェクターの音がリフレイン。

ヘビメタは心拍も血圧もテンションもあがるぜーーー。
脳内麻薬でるでる。


=================

京王線の高尾山口に乗り換える通路のとこに小さな本屋さんがあるのですけど、
草花の本みつけた。

ce8O_05.JPG




今日、走ったとこの花もみつかるかなーー。



お天気よかった。高尾山。

ce8O_03.JPG



これは、、、

トネアザミ?!
ce8O_01.JPG










うーんと、、これがツルフジバカマかカメバヒキオコシ。
葉っぱが枯れているから不明。


ce8O_04.JPG







オトコエシ

ce8O_02.JPG



今年は、まだ暖かいんだな。。
ほんによると9〜10月の草花がまだ11月の高尾でもみられる。



いちばん回数を多くとって練習にいっている山だから お花の名前覚えられるといいなー。

PB200033.JPG

==============


posted by toriko at 22:46| Comment(8) | 音楽岳&文化岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

上野、根岸、日暮里で大人遠足

ヨシコちゃん(← シロタ兄ぃの嫁兼監督)と美術展&お散歩に行きました。


 


空海と密教美術展です。


● http://kukai2011.jp/

 

54Oum_01.JPG


 

 


空海が唐から請来したもの、自筆の書、指導して造った仏像など空海ゆかりの作品と、


その思想的な息吹を色濃くとどめる時代の作品を中心に、真言密教の名品の数々。


98%が国宝で重要文化財。京都や四国からこの展示会のためにあつめられました。


 

見応えあり。今月17日までやっていますよ。


 


ヨシコちゃんってばハイテンションで仏像を見る目に星がはいってた。


 


============



 


2時間くらいいたのかな。


すっごい充実。


 


日暮里に移動してお散歩とゴハン。


 


 


 


薬膳カレーを食べにいったよ。


 


● じねんじょ薬膳カレー


  http://r.tabelog.com/tokyo/A1311/A131105/13018414/


 

 

54Oum_02.JPG

 

54Oum_03.JPG

 

 

54Oum_04.JPG

 

 

54Oum_05.JPG

 

 

===============

 

 

そして、根岸(鶯谷近く)でラブホ巡り。


 


ってゆーか俳人の正岡子規の旧家を探していたらラブホ街のど真ん中なので


ありました。


 

54Oum_06.JPG

 

 

54Oum_07.JPG

 

 

54Oum_10.JPG

 

 

 

子規庵の建物も情緒ありました。


 


● http://www.shikian.or.jp/


 


子規庵の建物は、旧前田侯の下屋敷の御家人用二軒長屋。


明治27年子規はこの地に移り、故郷松山より母と妹を呼び寄せ、子規庵を病室兼書斎


と句会歌会の場として、多くの友人、門弟に支えられながら俳句や短歌の革新に邁進


しました。 




54Oum_08.JPG


54Oum_09.JPG


==============


 


ラストは東京の名門の老舗のお団子屋さん【羽二重】

 

 

54Oum_11.JPG

 

 

 


 


お庭が綺麗でさー。


 


まったり抹茶をいただいてシアワセ気分。


 


● 羽二重団子 本店  http://www.habutae.jp/


 


きめがこまかく羽二重のようだと絶賛されたのが由来で、そのまま名前となった。


生醤油を塗った焼き団子と、さらし餡を巻きつけた餡団子の二種類が売られている。


串団子であるが、粒の形が一般的な球形ではなく厚みのある円盤状なのが特徴的。

 

54Oum_12.JPG

 

54Oum_13.JPG

 

 

 

54Oum_14.JPG

 

 

 

54Oum_15.JPG

 

 

 

=================


 


 


自転車のことやレースのこと、練習のこともすっぱり抜いて


いらない力が抜けました。


 


文化に触れる時間や別の世界をもっているおんな友達とつきあうのって


大事だなぁー。。  って思いました。


 


 


 


ヨシコちゃんは旦那が(頑固ものでそこそこレース結果だしてる)強い


自転車乗りだから、それにストレスかんじたりしているにんげんに


余計なこといわない。あたしに説教たれたりわかったようなこと言わない。


 


 


一緒に笑ってお茶してもらうことが、どんなに私、シアワセか。


 


 

 

 

 


 
 
posted by toriko at 20:35| Comment(0) | 音楽岳&文化岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

クロカンレーサのタイプ

 

ロードバイク小説の【サクリファイス】の続編の小説がでているので買った。


 


前回の『サクリファイス』のあらすじはアシストとしてエースに尽くす


一選手のお話。 サクリファイスって生け贄とか犠牲の意味をもつ。


 


 


陸上選手から自転車競技に転じた白石誓は、プロのロードレースチームに所属し、


各地を転戦していた。そしてヨーロッパ遠征中、悲劇に遭遇する。


アシストとしてのプライド、ライバルたちとの駆け引き。


かつての恋人との再会、胸に刻印された死。  ロードレースや自転車なんか


しらなくってもグングン内容にひきこまれていっきに読める。


 


今回の小説はあれから三年――


白石誓は、たった一人の日本人選手として、ツール・ド・フランスの舞台に


立っていた。


だが、すぐさま彼は、チームの存亡を掛けた駆け引きに巻き込まれ、外からは


見えないプロスポーツの深淵を見る。


そしてまた惨劇が……



DSC_0004.JPG




lento_20110902200009.jpg



========


 


 


まだ途中までしか読んでいないけどドキドキする。


 


ロードの世界。


 


 


 


でもさ、


 


 


リアルなこの現実の世界の選手たちのほうがもっと面白い。小説より。


 


 


 


特にクロカンなんていろんなタイプの選手がいる。


 


 


 


56。


 


 


すごいデブだった時代や、はじめて富士スピードウェイで自転車走らせたとき


苦しくってゲロした経験ももつ。


 


しかし、


 


56さん、富士ヒルクラで優勝したり、乗鞍ヒルクライムでも優勝。


ヒルクライマーのトップとった。


 


 


練習だってプロ以上のことをする。


手書きのノートに練習日誌つける。


継続する。


 


 


すごく絞ったときのカラダ、感動しちゃったからいまでも私のパソコンなかに


はいってる。




ee4.jpg





===========


 


【サクリファイス】の本、あげたU-1さん。


 


そうそう。


 


ちょうどその本がでたとき大腿骨をなんでもないトコでこけて骨折して入院


したんだっけ。  相模原の病院にわたしお見舞い行った。


 


あのひともわたしすき。


 


 


退院したら大垂水でサシで本気で勝負してくれた。


 


わたしが弱いとか、おんなとかそんなの関係なしに


スタートライン立ったら平等で手加減ナシで向かっていく、向かわれる


そんなのおしえてくれたなー。 学んだなー。U-1さんから。


 


 


=============


 


ユウキさんはアメリカ中心の海外レース。世界で通用するレーサー。


 


いつも美味しいもん食べて、笑っている(かんじがする)。


 


 


ガッコの先生みたいに頭をなでるような優しい言葉をかけてくれる。


(がんばったときは)


 


 


プロレーサだし、機材提供うけて制約もおそらくあるはずだろうに


ちっともギスギスしてない。


 


 


===============


 


 


56の兄ちゃんもおもしろいんだよ。


 


小説より。


 


 


56のトレーニング一緒にこなしている。


 


 


けっこう苦しい。


 


 


ゴローの日記よむとたまにこっちも兄ちゃんの気持ちになるもん。


 


========

 

 
posted by toriko at 21:05| Comment(0) | 音楽岳&文化岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする