2016年09月29日

四十おんなたちの山紀行【高尾〜陣馬〜夕焼け小焼けバス停 20キロ行程】

Kybhi24.jpg


Kybhi26.jpg

Kybhi27.jpg



『牛肉と果実は腐る直前が一番ウマイ!』 といわれる。
その腐肉直前の(←まだ腐っていない)美味しい時期のわたしたちは、雲取山縦走と11月の
六甲全山縦走(56キロ)のトレーニグを兼ねて高尾から陣馬山の縦走を行ったのでありました。
実は、二週間前にも行っており、たった15キロなのにバテバテ。
D子は登山靴も新調したこともあり再度の縦走。コースは同じ。

高尾山口から山頂をあがって、一丁平、小仏峠、影信山山頂、底沢峠、明王峠、奈良子峠、
陣馬山、そして陣馬高原バス停までの行程です。


Kybhi01.jpg


Kybhi02.jpg


のっけから上りがきつくてD子と『こなきゃよかったねー。 まぢでーーー』と
文句いいながらのぼる。 心拍がおちつくまでの20分30分の上りが地獄です。

Kybhi03.jpg



雨があがって眼下からみえる八王子の町がキラキラひかってきれい。
9月は雨ばっかりだったもんね。

自転車もそうだけど上りが続くと悪態をつきたくなる!! ファック!!!!

Kybhi05.jpg


しかし高尾薬王院ではファック(不悪口)をつかってはならないという戒めのことばが。。。

Kybhi04.jpg



Kybhi16.jpg


 ↑ 下りになると気をとりなおして元気になるD子。


Kybhi06.jpg


この日は富士山に今年はじめて雪がかぶって薄く白くなっているのがみえました。


Kybhi10.jpg

Kybhi11.jpg

Kybhi14.jpg


ダムの放水もやって珍しい日だった。
小屋の番をするおっさん(地元)が、相模湖のことも詳しくって64年のオリンピックの
こともはなしていた。ここで大昔はカヌーとボートやったんだって。


Kybhi17.jpg




奥高尾は心臓に悪いわよ!!


死体発見したかとおもった。自殺の!!




Kybhi08.jpg






Kybhi09.jpg



木の元んとこに靴なんか置いてんじゃねーーよ!!!!



D子 声が裏返り怒りに震える。






==========================

加重トレと称してバーナーとおやつももってきた。

コーヒを山のなかで点てる。

1475017593242.jpg


14446099_841523255982914_7026243978721117471_n.jpg


1475017601549.jpg



スコーンをホイルにくるんで暖め、お湯をわかしコーヒをいれる。満足。



前の日にあたしはちゃーんと豆を煎ってきたわよ。


おいしいスコーンも専門店でかってきた。




14449896_841523502649556_7833379898131016586_n.jpg



もってきた甲斐あり。 D子も機嫌がよい。



Kybhi19.jpg

Kybhi20.jpg


Kybhi15.jpg

Kybhi22.jpg


 ♪ さかなはあぶったイカでいい〜



やまで食べるものってなんておいしいんだろ。

Kybhi21.jpg

Kybhi28.jpg



あたしたち15キロでつかれちゃうけどこれを簡単に往復したり(岐阜のきこり)、
トレランしちゃうひともいるのね。。。




陣馬高原下バス停まできたらバスは5分前にいったばかり。

Kybhi31.jpg


Kybhi32.jpg

Kybhi30.jpg



1時間まつのもアレなので5つほどバス停をあるく。

しかし田舎のバス停の距離は行一区間ハンパない。
夕焼け小焼けの里まで歩いたよー。


D子がちょっと具合わるかった。





いつも元気だし、たよっているのは私だからびっくりしちゃった。
チェンライのときも5回に4回はわたしがレース中に具合わるくなってゲロしちゃって
介抱してくれるのは彼女だったから。 スゲー こころぼそい。
そしていつもわたしは甘えていたんだなぁー。。 っておもった。
しっかりせねば!!


D子を励ましつつ高尾駅に着き解散。

ようやく腐る寸前果実のわたしたちは腐らず帰宅できたのでございます。


さて週末は腐る寸前果実メンバーもうひとり加えて雲取山。お天気が心配ー。


=============

【関連する記事】
posted by toriko at 20:20| Comment(0) | 登山岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント