2016年05月10日

うどんは断然、関西のほうが美味しいことに気づいた

RIMG5250.JPG


朽木で朝ご飯にインスタントのおうどんを食べたのだけど、いっつもの味と違うっ!
汁(おつゆ)が薄い色だけどかつをぶしの味。


なんと『関西風だし』って表記されてるじゃん!


いつものはコレよ ↓
1462881655506.jpg


麺は変わらないけどやっぱ、つゆが違うのよー。値段は一緒なのにね。

ってまさるちゃんと話していたら、まさるちゃんあとからちゃんと買って比較画像と感想の
メールくれた。(ありがとー。マサルちゃん)

============================

> 酉コさん、こんばんは(^o^)/

> 先日は朽木で久しぶりにお会い出来て嬉しかったです!そして応援ありがとうございました♩

> 関西では赤いきつねの味が違う。と教えて頂いたので食べ比べてみました(^∇^)

> 関西の方が出汁の風味が効いていて、柚子のような香りがしました。面白いですね〜(*^◯^*)





image1.JPG

image2.JPG


だって。


========================



そうなのよー。

ふだんは気にしないけど関西のコが関東のうどんをみるとビビるみたいで

『黒い汁のなかにおうどんが沈んでいるなんて気色悪いわぁ。。。』  と。

まぁ、そうかもな。関東は醤油味濃いし。(そして北関東に行くほどその傾向が強い)


関西や京都は薄味っていわれるけど基本的にはまったりとした味の文化かな?
うどんは、主張のない麺でおだしを含んでおいしいというもので、だしが料理のいちばんの
ごちそうであることを証明している。
最終的に最高のだしをたべることがごちそうかも。
京都なんか近くに新鮮な野菜があるから、旨みを引き出すだけのおだしと少ない調味料が
あればいい。それが原点かも。


インスタントでも町のご飯やさんでも関西はめったにハズレにあたる事はないわねー。
今回も全部美味しかった。楽しかった。


また関西いきたいなー。

==================
【関連する記事】
posted by toriko at 21:36| Comment(0) | 酉岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント