2016年03月26日

西伊豆ライダー 光と影【エヴィコちゃんと山本センセー】

btrI12.jpg


先週のCSCクラッシック、寒かったけどおもろかったー。
天気予報はその週の月曜から雨マークで前日は晴れ。喜んでいたとおもったら一周まわって
当日は雨になった。

btrI01.jpg


やるきなくすぜー。。。。

試走しておもしろかったのですが人工関節もまだなじんでいないし、転んで面倒なことになると
いやなのでバイク洗ったら速攻、レース出る気なくした。わたしは!


しかーし!!!

このレースを足がけにして王滝のスタートをきる者とCJレースの足慣らしとして参戦する
西伊豆ライダーがいる。 前者はエヴィコちゃん、そして後者は田子の名歯科医、ヤマモト先生だ。



btrI02.jpg

 ↑ ふざけたスポークカラーのヤマモト先生。

先生は、地元だからということもあって油断からかスタート招集後に列にならぶ。
もちろん最後尾だ。
グローブもはめてないし、オシッコも済ませていない。


btrI03.jpg


 ↑ ヘラヘラと笑うヤマモト先生。


気温が10度を下回るスタートまえ、やはりオシッコががまんできずトイレに駆け出す。
あきれる私とエヴィコちゃん。

夜10時を過ぎた新橋烏森口の階段をおりてくる酔っぱらいのようにニコニコしながら
スタート位置にもどる先生。


『!! せんせい。 オシッコのしみがついていますよ!!』

エヴィコちゃんが叫ぶとレーパンにちいさなしみをつくった先生は恥ずかしそうに内股で
身をよじりながら隠そうとする。(隠れない。消えない。。。)

それだけでなくスタート15秒前にチェーン外れているのなおす。

みんなバイクまたがっているのに。



btrI04.jpg



ステキすぎます!! 先生。
どんなピンチにも笑顔で乗り切る。

btrI05.jpg

一周目から泥だらけ!

でも笑顔絶やさず。生まれながらのアイドルです。

btrI07.jpg


btrI15.jpg


わたしが撮った先生はすべてにこやかに微笑んでいます。
皇太子のよふな高貴な微笑み。 うっすらと上気したピンク色の色つやのよい頬。
西伊豆のカクレモモジリです。

kakuremomojiri.jpg

o050805081331023900993.jpg


ヤマモト先生だいすきーーーー!!

ああみえてもヤマモト先生、大学時代はラグビー部。
泥にまみれるのは大得意。
あんなコンディションのなかも嬉々として走行できるのも大学時代で泥に対しての免疫ができている
からかもしれません。

しかし、今年のCJは泥レースでないと先生きびしいかもしれません。後半が黄金のタレがでて
おりました。ドライのレースだとタレまみれになりそうな予感がいたします。
あと、ちゃんとレース前はオシッコすませたほうがよろしいかと。。。。

========================


ソロのシングルスピードで参戦するのはエヴィコちゃん。

CJのライダーじゃないけど注目しちゃう選手です。
地味につよく、地味におしゃれ。すごく凝っています。


btrI10.jpg


お洋服学校でているだけあってスッゴクおしゃれさんで、なにげにお金かかっているの。

『ねぇ、 トリコさん。 このジャケット7万円くらいするんですけど雨と泥でぐちゃぐちゃにして
 走ってみたらかっこいいとおもいません??』

目をキラキラさせながら言うエヴィコちゃん




(ねーよ。。 ソレ。 わざわざ汚す必要ないじゃん、、、、)




おじゃれなエヴィコちゃんはソックスやシューズにも凝る。

btrI09.jpg




じぶんのすきなもの身につけているときぶん良いらしい。
そういうのすきだなー。わたし。
(他人にわかってもらえなくても)

btrI11.jpg

btrI13.jpg

シムワークスのかわいいジャージでやるきいっぱいのスタート。

エビコちゃんはちゃんと王滝のために練習するしおしゃれなだけじゃない。
スタミナもある。

btrI17.jpg

btrI18.jpg

btrI19.jpg


転んでもつかれても進む。

かっけーな!!

MTBバイカーはこうでなきゃ!!!


btrI20.jpg


よーじやロゴマーク-e1380867033890.jpg





レースおわったら よーじやのキャラクタみたいに黒目がちで放心していたけど優勝です!
おめでとうエヴィコちゃん!!



btrI21.jpg



西伊豆のライダーは個性があって面白いわねー。
CJも王滝も楽しみ。


わたしも王滝ことしは出たいから練習しなきゃ!

=====================





【関連する記事】
posted by toriko at 19:15| Comment(0) | 自転車岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント