2016年02月13日

セタジン&マツオデラックス黄金のタレっぷり。軽量選手(タキシタさん)は水に浮いて走行

tbni25.jpg


お台場の東京シクロクロス2016いってきたわよー!

お天気よくって暑かったー。 砂の温度が26.8度だって。
お昼ちかくになって行ったんだけどおっさんクラスやセタジンが走るとこも見れた。

tbni05.jpg


スタート前、ニマニマして緊張感の無いセタジン。ゆーいちさんを主砲とする郵便番号ジャージに
恥じない走りをしなきゃいけないのよっ。わかってる???

tbni03.jpg



まぁ、砂の上で進まなくて苦戦しているの観るのはいいけど走るのは絶対嫌っ!!
でも好き好んで高いおかねをだしてまで苦しみたい自転車乗りもいる。

こんな天気がよくって暑い日は外でビールのんでギョウザをつつきながら観戦するに限る。

tbni02.jpg

tbni01.jpg


tbni08.jpg


自転車は砂地はシクロつかってもマウンテンつかってもかわらないみたい。
軽さのほうが重要なかんじ。かついで走ったほうがはやい場合もあるし。

tbni07.jpg


カラダも軽量のタキシタさんは有利なかんじ。
あのひと富士見以来のっていない(← 海外のトレランがメーンで自転車はおまけだし)のに
ちゃんと走っている。 スゲー。水にも浮く。仙人技。
ミスティさんも砂から浮いて走っていたしね。


tbni06.jpg



相反し、マツオデラックス砂に沈下。

tbni13.jpg

砂に沈むオレンジの蟻。ズブズブと音をたてる。



tbni14.jpg



セタジン早くも1周目でタレる。
早すぎだろ。



tbni15.jpg


しかし、セタジンはスピードがないもののライン取りは巧い。
ほかの誰も通らないとこチョイスしてスイスイと登り返しのとこはすすむ。
大技はないが小技の光る男。


tbni17.jpg


ズブズブと後方に後退していくマツオデラックスとセタジン。


tbni18.jpg


tbni19.jpg


サカタ乗りでにげきりあしきり免れる。




tbni23.jpg



セタジンはきもかっこよすぎて目がはなせない。
巧いのか下手なのかレースみればみるほど分からない謎の走り。
魅力ある。




マツオデラックスの敗因はデブ化だ! クロカンのシーズンインまでかんばっていただきたいです。
痩せればなんとかなりそう。

みよ!
タキシタさんなんか乗っていなくても軽い身のこなしだったわ。
痩せは正義。

tbni20.jpg



================
【関連する記事】
posted by toriko at 19:55| Comment(0) | レース岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント