2017年03月09日

完走できなかった敗因をウジウジと考えてみる【2017 静岡マラソン】

1489056522634.jpg


だめだった。 足切りされた。


C6IQXfzUsAA1_jk.jpg



【敗因いろいろ】

● スタートしてからスタート計測エリアまででるのに11分。
 おそいひとブロックなので最終スタート。 ロスしても5分と見込んだのに倍以上!

● 早くから並んで待機していたのでトイレにいきたかった。
  スタートしてすぐの2キロ地点nトイレつかったら4分のロス。

● 5:30制限時間のレースでも実際はこうしたロスを見込んで5:05ペースでいかないと
  完走はできない

========================

● いままでフルマラソンはすべて(3回とも)完走だったから、回収ルートや退散の時間を考えて
  いなかった。

● 唯一泣きたくなったのは、沿道のオバチャンたちが 足切りになったグループに
  『よくやった。ここまで走れたんだからえらいえらい』  と、拍手を送ってくれたこと。

● レースおわって更衣室で感じたこと。
  完走すると喜びや高揚した気持ちでイッパイになってまわりがみえにくいけど、悔しい思いをすると
  いろいろな声や状況がみえてきた。

 1。 となりで着替えていた女性のひとたち始発で平塚からきたらしい。(ビジホが静岡近辺でとれず)
    でも完走。

 2。 また、となりのひとは子育て中まっさかりで今日のマラソンのときは旦那さんにお願いして
    走ってきたんだって。これまた完走。
    あたしってば、じぶんのことと仕事とカラダのことだけ考えていればいいのになになってんだか。
    時間をつくって走ってきたつもりが完全に取り組み方にも負けている。

 3。 完走者の肩にかかったオレンヂ色のタオル羨ましい!




【よかった点】

● 晴れた

● 市が全体となってもりあげていたかんじ。

● コースやフィードがよい。 ひとくちで食べきれないくらいの大きなイチゴがでたらしい。
  (わたしはイチゴエリアにでるまえにきられたので未確認)

● 追い込んだ。

 1489056524020.jpg




1489056523384.jpg




● 参加賞にあまりムダなものがなく足切りしされたランナーにも完走者と同じ大きさのタオルが
 配られた。 (完走者はオレンジ色。未完走者は白。)

C6D66DHVAAA_yTc.jpg



● トレーニングに関してハトリさんからよきはけましとアドバイスいただいた。 
  自分の力になった。

=================================


● 敷居が高いレースだった。 5:00をきるペースでないと関門はぬけれない。
  次回は、6:00制限のレースから取り組みたい。
  もし、2年後に生きていたら静岡マラソンに再挑戦する。


posted by toriko at 20:09| Comment(0) | 酉岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする