2017年06月11日

台湾最高峰・玉山登山とイケメン探しの自転車旅

HyTT22.jpg

先月、5月15日から一週間台湾に登山と自転車をしてまいりました。
表向きは台湾最高峰の玉山(3952m)に登り阿里山サイクリングなのですが、腹の中は
イケメン探しと美食です。えぇ、わたしの動機はいつも不純。
どうせこのブログしってるひとだって腹黒のわたしのことしかしらないので別になんとも思わない
でしょう。はい。

そして、台湾のおいしいもんやイケメンを両手にFBでいっぱい『イイネ!』をもらえるハズでした。
えぇ、そういうこんたんでした。平日にお仕事しているみんなに(あいつだけいいおもいしやがって!!)
と、そう思われたかった。そう思われるハズでした。


=====================

出発は9:04発の成田から台北行き。
自転車を梱包して荷物はぜんぶ背負えて自転車で移動できるように40Lにまとめた。

HyTT01.jpg


台湾も初めて。エアチャイナも初めて。
HyTT02.jpg


脂っこい機内食(豚肉ごはんかクリーンカレーうどんが選択できました)をたべてわずか3時間45分で
台北到着。石垣島からたった100キロしか離れていないそうだ。


台湾は2〜3日前から梅雨入り。残念!  しかし、玉山の入山許可をとってしまったのと有給が
やっととれたので変更するわけにもいかず。わたしが行くところは台湾の中部から南部で標高が高く
亜熱帯と寒帯がまざり梅雨に限らず雨が降りやすいとこ。お茶やコーヒーの栽培が盛んで
高級な阿里山コーヒーや阿里山ウーロン茶なんかあるし巨木のヒノキ(明治神宮なんかは台湾檜を
つかってる)が育つ。 屋久島をもっともっと標高高くしたかんじかなぁ。

桃園から嘉義までは新幹線輪行なり。
そうそう! いきなり空港で自転車でてこないで泣きそうになった。
1時間まってやっと別のとこからでてきて安心。

雨でがっかり。ゴアカッパきて走行。

C_21_pSV0AEMn83-1.jpg


なんとなーく景色も日本に地方みたいでホッとする。

ただしイケメンいないし。っつーかこんな雨んなか自転車のってる人居ないし。

C_21-YzUAAEWPHR-1.jpg


台北空港では30度近かったのに嘉義から阿里山までは13度前後。雨に濡れて寒い。

夜中になってやっと宿につく。
自転車、もともと弱いけどすっごく苦しいのは考えてみたら標高2200こえてるもんね。
フツーの日本の北アルプス並じゃん。


DADn3rPUMAAZ_KF.jpg-large.jpeg



宿についたらまたしてもタイワンクォリティーで尻子玉を抜かれる。



トイレのペーパーフォルダーが真後ろに。そして暖房は爆発しそうな音をだして
ちっとも暖まらず。

C_38M_rVwAAwlUD.jpg


C_3_DWLUAAAW54t.jpg



やばい!


これじゃ、ちっとも『イイネ!』もらえないじゃん!!!


でもさー。
屋台のごはんが安くて美味しかった。

C_39sp7UMAQ_BoC-1.jpg-large.jpeg


台湾のごはんって中華よりも薄味。そして野菜がいっぱい。
200円くらいあればお腹いっぱい。


翌朝は、タタカ鞍部で日本語の話せるガイドさんと8時に待ち合わせ。
逆算して自転車でむかう移動する時間かんがえたら3時間ほど眠ればよいほう。
眠たくないけどギュぅぅーとまぶたを閉じて寝る。

そしてまたゴアカッパきて移動。

=======================


HyTT05.jpg


排雲管理事務所で外人たちはパスポートと入山許可書をみせて山にはいります。
わりと外国人に優遇されたやまで台湾現地のひとは金曜から日曜までしか空きがあるときしか
登れないみたい。一日あたり150人までしか入れないんだったかな。

HyTT06.jpg

わたしは排雲山荘で仮眠してご来光を頂上でみる計画をしています。
タカタ鞍部から排雲山荘までは登山道が整った歩きやすいダート。 水はけもよく
すごい雨なのに靴に浸透してこない。水たまりないし。

雨だけどしゃくなげの季節なのでシャクナゲがいっぱいみれた!

HyTT23.jpg


HyTT14.jpg

HyTT09.jpg

HyTT11.jpg



外国の山小屋って( っていってもネパールとマレーシアしかないが。。。)すごく設備とトイレが
充実していて排雲山荘もそうだとおもった。

が!


3402mの山荘には暖房施設がないのだ!!
ストーブが無い!!

雨で濡れてガタガタふるえた。 カイロをもってきたから背中に張りこれでしのぐ。


ごはんはおいしかったよ。


HyTT15.jpg


HyTT16.jpgHyTT17.jpg



夕方から暗くってヘッドランプつけながらごはんたべる。

HyTT19.jpg



夜明け前2時くらいに出発の予定が雨を風がすごくって外に出られない状態。
ガイドの爺が1時間遅らすという。

まぁ命のほうが大事だからな。


山荘で朝のにゅうめんみたいな軽食がでる。
これも温かくて美味しい。


だか3時になってもさらに風が強い。  夜があけて、足下がみえてきてからアタックかけたほうが
良いという。




夜があけてすこーしだけ風が弱まった。雨は強いまま。
三度目のアタックだ。




HyTT12.jpg


HyTT20.jpg


HyTT10.jpg


HyTT25.jpg



風に飛ばされそうになりながら岩にしがみつき爺とともに奇声を上げ、ハナをたらし眉をしかめながら
頂上につく。イケメンが両手をひろげて私をまっていると信じて。
じゃなきゃ、なんのため重いマウンテンバイクかついで異国の地まできてベダルふんでここまで
きたのだろう。

HyTT19.jpg



ハァハァと息をきらし登りきるとそこはガスって真っ白な風景。
そしてイメケンはおらずガイドの爺とわたしだけの世界。


HyTT21.jpg


HyTT22.jpg



岩で足下をすべらし顎を切る。


もー、いいことはあるのか?!




HyTT07.jpg

HyTT08.jpg



DAG6ar_U0AEehhI.jpg-large.jpeg




 ↑ 登頂証明書もらった。


=================================


下山してからも雨。雨。雨。


自転車で移動してまた凍えそうになる。
雨の日なんか大会とか以外自転車乗らないのになぁ。
台湾きてなにやってんだろ。




DAA6FNYVYAAVPbg.jpg-large.jpeg

DAB98taUIAIt8Cs.jpg-large.jpeg



あまりにも寒くって途中のラブホみたいな宿にはいって着替えた。
生まれてはじめてエマージョンシートつかった。(もってきてよかった)

支度するとき (どうせ使わないのになぁ。。。)っておもっていたのに。ほんともってきて
よかった。あんな薄いペラペラのシートがすごい威力。じぶんの体温が逃げていかない。


===========================


翌日は、街のほうにきて観光やポタリング。


どこいっても台湾のひとは親切。

そして台湾のひとは親日。
台湾人は中国人があまり好きではない。
『チャイニーズ?』 って間違えると『ノー!!』って言って怒る。


HyTT35.jpg

HyTT34.jpg


HyTT39.jpg

HyTT27.jpg

HyTT40.jpg

HyTT33.jpg



HyTT29.jpg


DAFN7oYVoAEpwCN.jpg-large.jpeg



外国なんだけど沖縄みたいで、日本的なとこもたくさん。

なんたってごはんが美味しい。



都市部のグルメだけが取り上げられているかんじもするけど自然がすごい。
ブルベやヒルクライム好きな子だったらぜったい台湾好きになる。
リピータが多いのわかる気がするもん。


士林夜市で占いをしてもらったら10月にオガと結婚できるそうだ!!
キヒヒ!


HyTT42.jpg



また  行きたいな。台湾。 自転車持って。



======================
【関連する記事】
posted by toriko at 15:48| Comment(0) | 酉岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

2017年に2017mの 残雪あるGWの雲取山へ!

kumoo22.jpg


kumoo11.jpg


kumoo08.jpg



連休初日(4月29日)からD子と雲取山に行ってきました。
雲取山は東京っていってもほぼ山梨と埼玉にも近い。実際登山道でもこの三つをジクザクとぬって標高を
あげていきます。 登山のスタートは奥多摩駅からバスに乗り込むとこから。
一本のがすと一時間以上待つ。 それだけ宿に到着するのおくれちゃうし、初日は午後から雷雨の警報も
でていたからドキドキだった。
天気がいいけど安心はできない。


kumoo02.jpg


kumoo1.jpg


奥多摩駅から鴨沢登山口まで50分パスに揺られる。
葛の道を蛇行していくので三半規管がやられてもどしそうになる。
スタートまえからダメージ大きい!

kumoo05.jpg


kumoo04.jpg


今年は2017年で2017mの雲取山で地元が盛り上げているみたいでシールや限定のピンパッジを
無料でいただけました。

fre1.jpg

fre2.jpg



さて、登山口パス停から本物のダートの登山口いくまでがまた遠い。20分歩く。
コンクリの舗装路でわたしは息があがる。
5月の台湾玉山に(3950m)備え、二週連続 七峰と雲取をトレーニングに含めたけど
それさえも楽にこなせず。それどころか疲れを引きずって登りはぜんぶD子にひいてもらった。
(ありがとー。D子)

ひとりで淡々と歩く山もたのしいけど、おしゃべりしてオヤツ一緒に食べてあるく山も
たのしい。

kumoo07.jpg


kumoo06.jpg


kumoo09.jpg



kumoo15.jpg



kumoo14.jpg



標高あげていって午後になると予報どおり大気が不安定になって大粒の雨がポツポツときた。
そして急に晴れたり、なんと雪もちらついてきました。
お天気雪なんて初めてです。

『あさってから5月なのに不思議だねー』

なんていって歩く。


kumoo13.jpg


kumoo12.jpg


FB_IMG_1493680588497.jpg


残雪があったり新緑があったりお花もあって不思議なかんじ。
お天気、雪、雨、たった半日でいろんな季節がまざってる。

kumoo03.jpgkumoo03.jpg


そして頂上では晴れた!





1493626164018.jpg


kumoo21.jpg


うれしいなー。

kumoo22.jpg

kumoo23.jpg


kumoo33.jpg


頂上から山小屋に下るときまだ雪があってすべってこわい。
アイゼンをもってきてよかったのだ。


kumoo32.jpg



小屋についたら高尾山で知り合ったオッサンもいた。
まさか違う山で会うとは。
自転車も山も世界は案外狭い。

宿のごはんは夜はハンバーク、朝はシャケ。 何十年も変わらない定番のごはん。
雲取山荘は、一泊二食付きで7800円。イシイスポーツのメンバーズカード提示で500円
引いてくれます。 宿のオヤヂは約2名 荒くれ者なので注意が必要。
山小屋なので通常の宿と違うのは重々承知しているのに接客態度がめっちゃ悪い。
どの人に対してもそう。 
なにもしていない登山客にあたりちらすのみていて気分わるくなる。


北アルプスの小屋のひとはわりと社会性があるけど南アルプスの小屋や雲取小屋のひとは
もはや下界では生活できない(たぶん一般社会ではアタマを下げて仕事ができない、生きて
はいけない)かわいそうなオッサンである。



しかし、ごはんも夜明けもよかった。



kumoo25.jpg

kumoo30.jpg

kumoo27.jpg

kumoo28.jpg





帰りは、凍結している三峰を避けて鴨沢までのピストン。
それでも凍っているとこがたくさんあった。

D子とソロソロと安全と注意を声かけして歩く。

kumoo34.jpg


kumoo36.jpg


kumoo37.jpg


FB_IMG_1493680599042.jpg


FB_IMG_1493680543223.jpg



FB_IMG_1493680605820.jpg




たまに自分たちが歩いてきた道をふりかえってみたりして
『けっこう登ったよねー。 おりてきたよねー』
って。


kumoo40.jpg


kumoo39.jpg




自転車で雲取にあがってキャンプするライダーもみかけました。
ちょっとクーヤンに似ていた。

kumoo38.jpg



奥多摩、たのしかったー。

秋にも行きたいな。雲取山。

kumoo41.jpg
posted by toriko at 09:10| Comment(0) | 酉岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

スポーツバイクのメンテは大事

1489999148764.jpg


1489994860963.jpg


都内の家から、千葉の端っこのチバラギ(茨城に近い!)野田の輪工房まで自走で
いきました。タイヤの交換をお願いしに。

マラソンやっているときはマラソンだけ。登山の季節は山だけ ってあまりここ最近
MTBやロードに乗る事がなくなっちゃった。
なんか何気に自転車って準備も大変だし、朝ははやく出ないと出遅れ感あるし
(ランはシューズ履いて一歩そと出れば開始できる手軽さ)、大会もエントリして
いなかったのでブランクあいた。

ママチャリと違ってスポーツバイクは、乗っても乗らなくても劣化がすぐわかるので
メンテしなきゃいけない。そして、それは怪我につながったり命にかかわったり
するからかなり重要。

先週、SPDが錆びて外れなくなって転んで膝を怪我してじわじわと実感している。
タイヤも乾燥が進んで皹が入ったままでは今シーズン持たないであろう。

=================================

自転車を始めたころ誰も知り合いがいなくって、走る場所も知らなくって走る場所が
江戸川サイクリングロードだけだった。信号ないしさ。

ここ走るの4、5年ぶりくらい。
今日は菜の花がいっぱい咲いていました!

1489994895883.jpg


1489994859431.jpg


1489994896586.jpg



行きは向かい風でつらくってランニングするひとにも抜かされまくった。
つらい。つらすぎる。MTBのタイヤが太いから負荷がかかるのか?
あたしのパワーがないのか?
風がつよすぎるのか?

玉ねぎ橋ンとこで引き返したくなったけどあと10キロ我慢すれば着くとおもって
イヤイヤ ベダルを踏んだ。


===================

1489994858614.jpg


1489994857974.jpg

1489994898145.jpg



ヨシガイさんにタイヤ交換してもらって、タグチさんにいろんな不具合のことみてもらって
なおしてもらった。
SPDははずれなかったの中にへんなものがいっぱい詰まっていた?!

このクロモリフレームのMTBは田口さんに設計してもらったから田口さんにみてもらうと
なんか安心感があります。買ったとこでメンテするのがいちばん。


クロスマークの新しいタイプのタイヤにしてもらって、微調整してもらって
12240円。

==================================

行きであんまり風がつよいから帰りは野田駅から輪行しようとおもったけど

(あした雨だよねー) って話してたらもったいなくなって走ったのです。


帰り、タイヤ変えたらスゲー快適!
半分の時間で江戸サイおわった。倍の速度で進む。
ちゃんと力が自転車につたわる。 わー。すごい。なにこれ。


違いのわからないおんなでもわかったわよ!


=============================

輪工房で買った自転車にほかのお店で買ったパーツ(たとえばチェーンとかでも)
田口さんはわかるわけ。 一応原則として輪工房でMTBのものは買う事にしてるん
ですけど田口さんにもそれ言ったら

『ほかのお店で買ってやってもいいけど乗りなさい。笑』


だって。イヒヒ! わたし乗らなすぎだった。アンカライト放置しすぎだったナ。



じぶんのできる範囲でがんばって乗っていきたい。
ぐんぐん進む帰り道そう思った。



posted by toriko at 18:56| Comment(0) | 自転車岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

ミカコと村山うどんを楽しみにMTBライドをする


1489298531596.jpg


1489298532530.jpg




右足首骨折からすこーしだけ復活してきたミカコと先週のマラソン完走できず いぢけている
心のわたしとでペルジタの朝練参加しました。
ミカコさそったとき(まだ治ってないから無理かも。。。。😞)っておもっていたら

(ロングでやりたいので自走で向かいます!) とか男らしい返答でビビる。


まじか!❗❗❗❗


わたしは去年なんと1回しかMTBのっていなくって空気を入れることと持ち物をわすれずに
チェックすることからはじめた。
なんとタイヤはクニイの皮膚のよふに乾燥してひび割れているではないか!!!

C6nOW4QV0AQ9uOY.jpg



前夜八時には床にはいり目覚ましをかけた。
緊張するぜー。  ペルジタ練の集合は8時からだけどすこーしだけ遅らせてもらって集合する。
輪行もひさしぶりで前輪のはずしかたも忘れる。

1489298533992.jpg



ミカコとわたしを迎えにエノモトさんが来てくれて案内してくれたのですが、
まず最初の10キロ エリートライダーのミカコとエリートオヤヂのエノモトさんについて
いけず。自転車ってこんなにきつかったっけ?
まだダートに入っていないのに先が思いやられる。

速ぇ! 速い!!  ついていけねぇえぇーーー


心はカイジの藤原竜也!!

48bd85b925d89e2c71bd86e48c3393ab4ff7db4b1389441240.jpg


(おめぇーら 速いんだよっ!!!💢)



=================================


死に物狂いでついていってしばらくしたらペルジタのみんなや、私の大好物のスゥージーとも
お会いできた!


スゥージーは素敵なバイクに乗っていた。✨✨✨✨

grtuu01.jpg



ただの朝練でもわたしはハードな活動なのでちゃんとしたジェルももってきました。
コストパフォーマンスのわるい女です。

1489298533364.jpg



ミカコは、様子をみながらだけど楽しそうにしかも楽にみんなについていく。
ほんとあのこ自転車すきなのね。

あたしはカイジ顔なのに。。。


cached-1.jpg



まじ! 激坂できない!  おくれる。登れない。



みんな楽しそう。

grtuu04.jpg


grtuu03.jpg


grtuu06.jpg



リクエストにこたえてスゥージーは『苦しみ顔』を再現してくれました。
ほんとはらくちんにこなしていたのですけどね。
ありがとうスゥージィー!💓💕💓


grtuu02.jpg


grtuu05.jpg




grtuu07.jpg



ミカコもポジションよくはしる。みんながほめている。
(さすがエリートライダー)



あたしはSPDのはずしかたさえわすれコケましたがな。

1489298499858.jpg



痛ぇよぉぉぉぉお!!!


que-14111494504.jpeg



身も心もカイジの藤原竜也状態です。


これもそれもMTBに乗るのを空きすぎたせい。
それと自転車のメンテをおこたっていると祟りが起きるのでございます。
よーくみるとSPD金具もすっかり錆びていました。


================================


ランチは、東村山の名物の村山うどん『満月』へ。


1489298500463.jpg


1489298502452.jpg


1489298501843.jpg


ミカコも喜んでくれてうれしい。⤴🎵✨✨✨

うどんっていえば讃岐うどんみたいに白くて細いのをおもいうかべるけど武蔵野地域のは
やや灰色をおびているの。これは胚芽や小麦の外側も生地にしているから。
讃岐のは胚乳部分のみをつかうから白いのです。
わたしは武蔵野うどんのほうが好きかなぁ。


いまね、西武線で武蔵野うどんスタンブラリーもやってるんだよ。

grtuu11.jpg


grtuu12.jpg




帰りにササジマのおじさんとこ寄ってめずらしいバイクをみたり工房をみたりする。

grtuu08.jpg


grtuu10.jpg

grtuu09.jpg




あぁ。


仲間と走るのって楽しいな。😃

榎本さん、ペルジタのみなさん、スゥージー、つきあってくれたミカコ ありがとうございます。


ことしはコンスタントに自転車のります。
9月の王滝に間に合わせたいし!

============================
posted by toriko at 17:21| Comment(0) | 自転車岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

完走できなかった敗因をウジウジと考えてみる【2017 静岡マラソン】

1489056522634.jpg


だめだった。 足切りされた。


C6IQXfzUsAA1_jk.jpg



【敗因いろいろ】

● スタートしてからスタート計測エリアまででるのに11分。
 おそいひとブロックなので最終スタート。 ロスしても5分と見込んだのに倍以上!

● 早くから並んで待機していたのでトイレにいきたかった。
  スタートしてすぐの2キロ地点nトイレつかったら4分のロス。

● 5:30制限時間のレースでも実際はこうしたロスを見込んで5:05ペースでいかないと
  完走はできない

========================

● いままでフルマラソンはすべて(3回とも)完走だったから、回収ルートや退散の時間を考えて
  いなかった。

● 唯一泣きたくなったのは、沿道のオバチャンたちが 足切りになったグループに
  『よくやった。ここまで走れたんだからえらいえらい』  と、拍手を送ってくれたこと。

● レースおわって更衣室で感じたこと。
  完走すると喜びや高揚した気持ちでイッパイになってまわりがみえにくいけど、悔しい思いをすると
  いろいろな声や状況がみえてきた。

 1。 となりで着替えていた女性のひとたち始発で平塚からきたらしい。(ビジホが静岡近辺でとれず)
    でも完走。

 2。 また、となりのひとは子育て中まっさかりで今日のマラソンのときは旦那さんにお願いして
    走ってきたんだって。これまた完走。
    あたしってば、じぶんのことと仕事とカラダのことだけ考えていればいいのになになってんだか。
    時間をつくって走ってきたつもりが完全に取り組み方にも負けている。

 3。 完走者の肩にかかったオレンヂ色のタオル羨ましい!




【よかった点】

● 晴れた

● 市が全体となってもりあげていたかんじ。

● コースやフィードがよい。 ひとくちで食べきれないくらいの大きなイチゴがでたらしい。
  (わたしはイチゴエリアにでるまえにきられたので未確認)

● 追い込んだ。

 1489056524020.jpg




1489056523384.jpg




● 参加賞にあまりムダなものがなく足切りしされたランナーにも完走者と同じ大きさのタオルが
 配られた。 (完走者はオレンジ色。未完走者は白。)

C6D66DHVAAA_yTc.jpg



● トレーニングに関してハトリさんからよきはけましとアドバイスいただいた。 
  自分の力になった。

=================================


● 敷居が高いレースだった。 5:00をきるペースでないと関門はぬけれない。
  次回は、6:00制限のレースから取り組みたい。
  もし、2年後に生きていたら静岡マラソンに再挑戦する。


posted by toriko at 20:09| Comment(0) | 酉岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする